【地球ガール🌍のブログ】

地球上を舞台に様々な挑戦を続ける『地球ガール』のブログ

【ゼロ夢旅】Day4:さらば香港! ヒッチハイクで奇跡が起きた!?

 

皆さん、こんにちは!

FUJITAROです!

 

〜香港4日目(最終日)〜

 

ここまでの経過。

 

1日目:空港で一泊。

2日目:運転手のカンに助けられ、

    ビーチで一泊。

3日目:旺角まで連れて行ってもらい、

    ビクトリアハーバーで夜景を見て、

    マクドナルドで一泊。

 

4日目の今日は、

そんな香港ともお別れの日!

 

2人ヒッチハイク”中国”を目指します。

 

今日の天気は晴れ!日差しもガンガン!

けど、空は曇り。相変わらずのモヤ。

 

f:id:fujiearth03:20180422071649j:plain

 

マクドナルドで朝を迎え、

準備を終えると、

ある夫婦が話しかけてきました。

 

2人はネパールのカトマンズから来たそうで、

スマホSIMカードがうまく使えない!

カタコト英語でお手伝い!

無事、SIMカードも読み取れ、ネパールでの再会を約束してお別れ!

 

目指すは、

国境近くの"羅湖"(Lo Wu)

 

どこから行けば良いかも分からないので、

ここでもMapsMeを使って、ルート検索。

 

f:id:fujiearth03:20180422072058p:plain

 

とにかく、

羅湖(Lo Wu)

深圳(Shezhen)の文字を書いて

ヒッチハイクスタート!

 

荷物が重いので、

休憩してはダンボールを掲げ、

休憩が終わったら次のポイントへ移動、

を繰り返す。

 

そすると、

1人のおばちゃんが近づいてきた。

 

「あんたたち!羅湖に行きたいんだろ!?」

「なら、MTR(電車)を使え!」

 

とものすごい剣幕で迫って来た!

 

「お金がないんです。」

MTRなら32香港ドルだよ!」

 

「お金がないんです。。」

「タクシーだと600香港ドルだよ!!」

 

「お金がないんです!!!」

「タクシーなんかよりMTR!!!」

 

と親切心なのか、目障りなのか

どちらとも言えない顔で言ってくる。

 

f:id:fujiearth03:20180422072733j:plain

 

僕達はヒッチハイクで行くと決めた以上、

羅湖まで行くつもりなので、

おばちゃんの助言を無視し、場所を移動。

 

どうやら羅湖はパスポートやビザを持っている人しか用が無い場所らしく、誰も止まってくれないと通りすがりのおじちゃんに教えてもらった。

f:id:fujiearth03:20180422073300j:plain

 

なので、途中

獅子山(LionRock)を目標に再度ヒッチハイク

f:id:fujiearth03:20180422073340j:plain

 

10分、

 

 

 

20分、、

 

 

 

30分、、、

 

 

 

 

 

誰も止まってくれない。。。汗

 

f:id:fujiearth03:20180422074916j:plain

 

半ば諦めかけたその時、

 

「君達は獅子山(Lion Rock)まで行きたいのかい?」

 

1人の男性が見かねて声をかけてきてくれた。

 

「羅湖まで行きたい」と伝えると、

 

「羅湖には、ここからじゃ行けない。 電車を使って行くしかない」と言われる。

 

「お金が無いんです。」と伝えると、

 

その男の人は突然電話をかけ始め、、、

 

「君達は、日本人?」

「僕の妻は日本人だから、話してみるかい?」

 

f:id:fujiearth03:20180422075155j:plain

 

え、、、

 

電話に出ると

日本人なのに日本語が全然伝わらない奥様に

 

「彼がチケットを買ってくれるから、彼の後について羅湖まで行きなさい」

 

と言われた。

 

 

え?

 

 

え!?

 

 

えーーーー!!!???

 

 

ヒッチハイクでは無いけど、

その人のお陰で

"羅湖(Lo Wu)"行きが決定!

 

 

しかも、

「喉乾いてるだろ?」と水をくれ、

「お腹空いてるだろ?」とクッキーをくれ、

「お腹いっぱい中国で食べなさい」と餞別を頂きました。

 

涙出た。

「ありがとう、ありがとう、ありがとう」

って伝え続けた。

 

本当に嬉しかった。

 

彼の名前は、"ジェン"

一年間、日本に住んでいたことがあって日本が大好きらしい。

 

日本人で良かった。。。

カンに救われた時もそう思ったけど、

 

日本人て素晴らしい。

日本て素晴らしい。

素直にそう思った。

 

ジェンに近くの駅まで案内してもらい、

名刺を渡し、お別れ。

 

最後の最後まで手を振り続けた。

 

ジェンが羅湖までの行き方を丁寧に教えてくれていたので、

間違えることなく、無事"羅湖"に到着。

 

そこから、イミグレを抜けて中国入国。

 

 

〜中国編 スタート!〜

 

中国は、ベトナムへの移動が目的。

滞在期間も15日と短いこともあり、

ジェンにもらったお金を使い、

バスで移動することに。

 

バスターミナルの受付で、

今いる「深圳」から「広州」までのチケットの値段を聞く。

 

”70元”

 

さらにその先の

 

「南寧(nanning)」

「崇左(Chongzuo)」

 

までの値段、カスタマーサービスで聞く。

 

すると、丁寧に行き方、値段を教えてくれた。

(向こうは翻訳を使う気すらないので、理解するだけで疲れる。)

 

f:id:fujiearth03:20180422081423j:plain

 

これで終わりかと思いきや、

元気の良いおばちゃんが登場。

f:id:fujiearth03:20180422081510j:plain

 

「私に全て任せなさい!」と持っていたダンボールやらバックを勝手に持っていかれ、一台のバスに乗せられた。

 

そして、「お金!」と言われ、言われるがままに出すと、満足げに元いた場所へと帰っていく。

 

しかし、「広州」まで1人70元

その手前の「南城(nanjo)までで1人52元

 

バスもその辺のバスとは違って、

日本の高速バス並みに綺麗。

 

連日の移動で疲れ切っていた僕達は

「南城」までの約2時間の道のりで爆睡。

 

そこからベトナム国境に近い「崇左」までは

1人220元(約4,000円程度)

 

勿論、ジェンからもらったお金はその金額には及ばないので

「南城」からヒッチハイク

「崇左」を目指すことに!

 

正直、

僕はすぐにでも中国を出たかった。

 

中国はWi-fiも通じないし、

話す言葉、書かれてる漢字も難しくて読めない。

 

けれど、MIKIはヒッチハイクで行く気満々。

出来るかどうか、やる前から決めたくなかった。

 

ということで、

今日はバスターミナルで一泊!

f:id:fujiearth03:20180422094847j:plain

 

果たして、

明日ヒッチハイクを成功させ、無事「崇左」に到着することが出来るのか!?

 

【5日目】に続く