【地球ガール🌍2020年エベレスト挑戦!】

『エベレスト挑戦』の夢を抱く”地球ガール”のブログ/ヒマラヤ・アルプス登山についても!

【日本に帰国しました!】

皆さん、こんにちは!
【FUJIEARTH】です!
日本に帰国してから、"一週間"が経ちました。
大好きな日本食を沢山食べて、減っていた体重も順調に増えています(笑)
instagram(Fujitaro【フジタロー】 (@fujitaro0312) • Instagram photos and videos)やFacebook(藤原 遼太郎 | Facebook)ではご報告させて頂きましたが、改めて今回の旅を振り返ってみたいと思います。
*時間はかかりますが、今回の旅の様子はYoutubブログで引き続きアップデートしていきます!

<振り返り>

【0カ国目”日本🇯🇵”】

2人揃って頭を坊主にして、FUJITAROは30kg、MIKIは20kgという大量の荷物を背負いスタートした『ゼロから夢を叶える旅』。大阪から鹿児島までヒッチハイクで移動し、ワクワクを胸に”香港”行きの飛行機に乗り込みました。

f:id:fujiearth03:20180629170700j:plain

f:id:fujiearth03:20180629173032j:plain

1カ国目"香港🇭🇰"

到着早々、1日目は「空港泊」。2日目は、優しいバス運転手”カン”に助けられビーチで「テント泊」。3日目は”100万ドル”の夜景を見て、「マクドナルド泊」。そして、4日目には”ジェン”に国境までのチケットを買ってもらい無事、中国入国。一度も、ヒッチハイクは成功しませんでしたが、「人の優しさ」に本当に助けられました。

f:id:fujiearth03:20180629172227j:plain

2カ国目"中国🇨🇳"

Wi-Fi使えない」「英語通じない」という"環境"「お金が無ければ移動は出来ない」という"文化"の壁に直面。『ヒッチハイク』に挑戦したものの全く捕まえる事は出来ず、道を聞いても中国語で話されて理解出来ず、泣く泣くバスのチケットを購入しあっという間に抜けてしまいました。*この時、”無一文”という挑戦の難しさを痛感しました。

f:id:fujiearth03:20180629171552j:plain

3カ国目"ベトナム🇻🇳"

国境からヒッチハイクに挑戦するも、乗合バスに乗せられて到着したベトナム

無料のホスピタリティサービス"Couchsurfing"(https://www.couchsurfing.com)を使い、色々な人にホームステイさせてもらい、ナイトマーケットでは『路上パフォーマンス』に挑戦!最初はなかなか上手くいかなかったものの、最後の最後で大成功!"自分を表現する"事の楽しさを改めて感じました。

f:id:fujiearth03:20180629173723j:plain

4カ国目"ラオス🇱🇦"

24時間以上もスリーピングバスに揺られて着いたラオスは自然いっぱい。2人してすぐにこの国が好きになりました。日本人ゲストハウスソークミーサイ ゲストハウスに泊まり、沢山の日本人の方にお世話になり、"象"と戯れたり、滝で泳いだり、山に登ってPV撮影したりとアクティビティ尽くしの最高の国でした。”RAW”の2人LIVE ENTERTAINMENT JOURNEY - YouTubeともここで出会い、お互いに情報交換。ヒッチハイク開始は5分で成功。鬼のような日差しの中トラックの荷台に乗せてもらいました。今回も沢山の優しい人達のお陰で目的地のバンコクまで無事辿り着くことが出来ました。

f:id:fujiearth03:20180629184117j:plain

f:id:fujiearth03:20180629181232j:plain

5カ国目"タイ🇹🇭"

ラオスのバンビエンからタイのコーンケンまでヒッチハイクで移動。そこから更に、10時間ほど列車に揺られてバンコクに到着。スネークファームで予防接種。日本食の誘惑に負けそうになりながらもカオサンロードに移動すると、偶然Tokadinのお二人(ToKaDin_macrame_nanduti (@tokadin715) • Instagram photos and videos)にお会いして、日本食をご馳走になりました。(この旅で一番幸せを感じた瞬間でした。笑)また、https://www.couchsurfing.comdで知り合ったお金持ちGBの家にホームステイまでさせてもらいました。

f:id:fujiearth03:20180629184347j:plain

6カ国目"インド🇮🇳"

ミャンマーからの陸路入国が厳しいという事を旅仲間から聞き、バンコク国際空港から"飛行機"でインドのコルカタへ。Youtubeヒッチハイクの動画を見て旅に目覚めたインド人2人の家に泊めてもらって、お互いの夢を語り、更にそこからジェネラルという無料の貨物列車に乗って、46度という酷暑のバラナシへ移動。日本語がペラペラのインド人が経営するゲストハウスに無償で泊めてもらいました。インドは本当に刺激的な国で、今回初めて旅を経験したFUJITAROにはバラナシの街道をふさぐ牛も、「タクシー、タクシー」と寄ってくる人達も全てが新鮮でした。

f:id:fujiearth03:20180629185642j:plain

7カ国目"ネパール🇳🇵"

ついに、今回の旅の目的の一つ"エベレストBCトレッキング"へ。エベレスト登頂経験もあるガイドの家にホームステイをして、現地で足りない装備を購入し、トレッキングの計画など準備を整えていざ出発!エベレストBCまで22日間100kmを超える山道を毎日10km~20kmをひたすらトレッキング。途中、FUJITAROが崖から転落、MIKIはアイランドピークへ挑戦するも悪天候で登頂出来ず、お互いに"山の怖さ"を痛感しました。ただ、その一方でガイドとの出会いやMIKIのエベレスト登山費用をスポンサードしてくれるという投資家の方に出会ったり、当初の目的も達成する事が出来ました。

f:id:fujiearth03:20180629191534j:plain

f:id:fujiearth03:20180629191512j:plain

<今回の旅を通して>
"無一文"という全くお金の無い状態での旅は本当に大変でした。何をするにも"時間"と"労力"を必要としました。ですが幸運にも多くの人と出会い、その人達の優しさのお陰で無事にネパールまで旅をする事が出来ました。

”登山”に関しても、3週間に及ぶ山の上での生活、FUJITAROの転落、MIKIのアイランドピーク登頂断念という経験で、改めて『山の怖さ』を痛感しました。


日本への帰国を決めたのも、勿論日本が恋しくなってこともありますが、一番は旅×登山は今の私たちにとって負担が大きく、夢を叶えるには『登山』に集中しようということでした。


旅に出る前は何とかいけるだろうと考えていましたが、実際山に登るとなると高山病対策で毎日しっかり”食事”や”睡眠”が取れてなければなりません。(エベレストBCトレッキングでは1日2人で3,000円程払ってロッジに泊まりご飯を食べていました。)入山料や装備代などにもお金はかかります。


その費用を、旅をしながら路上パフォーマンスなどで稼ぎ、その日の宿も確保出来てないような状況で登っていくというのはかなり危険が伴うという事もよく分かりました。
なので、次回のモンブランアコンカグア、その他の山に関しては働いたり、スポンサーをつけて『イモトアヤコさんとエベレストに登る為に山に登る』という"目的"だけにフォーカスして活動していきます。

<まとめ>

2ヶ月間という短い期間での旅でしたが、本当に多くの”経験””出会い”を得る事ができました。

本当はもっと色々な国を旅して山を登ってとできたら良かったのですが、ホームシック&フードシックに悩まされ、お金をほとんど持たない”スーパー極貧旅”で大きなストレスを抱えた状態での旅は2人にとって本当に苦しい経験でした。ただ、その一方で沢山の現地の人達に助けられ、MIKIのアイランドピーク挑戦の際は日本から多額の支援をして頂きました。本当に感謝、感謝の旅だったと思います。

これから、2人とも夢に向かって自分達のすべき事を一つ一つ実行し、”否定の壁”を乗り越えていきます。今回の旅のように全てを動画にしたり、記事にしたりは出来ませんが、Youtube/SNSを通じて、応援して下さる皆様と「夢の共有/挑戦の共有」をしていきます。

 

MIKIのアイランドピーク挑戦の際に支援して頂いた方々を始め、YouTubeSNS、ブログを見てくれている、応援してくれている方々、本当にいつもありがとうございます。


これからも私達は、『イモトアヤコさんとエベレスト登頂』という夢を皆さんと"共有"し、夢を叶える姿を通して1人でも多くの人に勇気と希望を与えていけるように進んでいきます。


まだまだ未熟な2人ではありますが、どうかこれからも宜しくお願い致します。

f:id:fujiearth03:20180629194339j:plain

【MIKI&FUJITARO】